page top
HOME » 74Daijiroについて » メンテナンス講座 » 74Daijiroメンテナンス講座No,4

74Daijiro メンテナンス講座

74Daijiroメンテナンス講座No,4

「74Daijiroメンテナンス講座」第4回は、長期間の使用、 雨天時の走行後にサイレンサーの音量が大きくなってしまった場合の対策について解説します。デルタ・エンタープライズでは、 レース時の音量規制、近隣への配慮など、必要に応じて交換して頂けるように、「サイレンサーインナー・グラスウール」を用意しております。 税込価格¥788


「サイレンサーグラスウールの交換」

①サイレンサーの分解

サイレンサーのアウターケースを固定しているリベットを取り外す為に、ドリルを使用してリベットの頭を飛ばします。

※電動工具を使用する際は、目を保護するゴーグル、手を保護する革のグローブを使用すること (軍手は巻き込まれることがあるので使用しない)

・リベットの頭が外れたら、シャフトをサイレンサーの中に押し込んで、アウターケースを取り外す。

・オイルを吸って汚れたグラスウールを取り外す。

上段:新品のグラスウール
下段:取り外したグラスウール


②インナーチューブを洗浄する

・洗油等を使用して、余分な油、カーボンを取り除く。

※洗浄の際は火気に十分注意すること。


③サイレンサーの組み立て

・「サイレンサーインナー・グラスウール」はサイレンサーの形状に合わせた専用品です、切り込みから広げて取り付けます。

・市販のリベットを使い、アウターケースを固定する。

・サイレンサーからの、油の漏れが気になる方は、アウターケースの取り付け後にシリコンシール等を、隙間に薄く塗ると良いでしょう。


④完成

・以上で「サイレンサーインナー・グラスウール」の交換は終了です。定期的に交換する事で良いコンディションを保ち、 騒音を出すことなく走行を楽しめます。交換作業時には、安全確保に努め、怪我の無い様に十分注意して作業してください。

Copyrightc2009 DELTA ENTERPRISE. All rights reserved.