page top
HOME » 74Daijiroについて » メンテナンス講座 » 74Daijiroメンテナンス講座 No.3

74Daijiro メンテナンス講座

74Daijiroメンテナンス講座 No.3

「74Daijiroメンテナンス講座」第3回は、 経年劣化や第2回で取り上げたエンジンハンガーステーが破損したままの走行等により発生する、フレーム(エンジンブラケット部) のクラック発生時の対応部品、エンジンブラケット・セットの取り付けについて解説します。


「エンジンブラケット・セット取り付け」
付属品: エンジンブラケット本体1個/ボタンボルト6mm4本/ワッシャー4枚/ナイロンフランジナット6mm4個/ アルミスペーサー4個

★現状をチェックしましょう

フレームのエンジンブラケット部分にクラックが発生していないか、同時に左右のエンジンハンガーステーも確認しましょう。 早期に発見すれば他へのダメージを最小限に抑えることができます。

フレームのサイドにエンジンブラケット用のマーキングがある場合は、②の「フレームをカットする」 へ進む


① 取り付け位置を決める
  
フレームに上からエンジンブラケットをかぶせる、次に裏からスケールを用いてセンターを合わせる。
※位置決め、穴あけ、カットは左右同時に行わず、左側より作業しましょう(フレームと干渉して位置が狂う原因となります)。


センターを合わせた後に、表側より穴に沿ってケガキ線を入れる。


ケガキ線下部を、直線でつないで交差した点にポンチ等でマーキングする。


② フレームをカットする

フレームのエンジンブラケット部分を金ノコを使ってカットする。


③ 穴を開ける

マーキングに合わせて6,5mmの穴をあける(必要に応じてフレームの中心に微調整する)。
※穴がずれないように3ステップ(例:2,5/4,5/6,5mm)で開けるとよい。


④ 取り付け

画像を参考に取り付ける。


⑤ エンジン取り付け

エンジンを取り付けた後に、エンジンブラケットの取り付けボルト4本を一旦緩めた後に締め直す (ボルトと穴の遊びで穴あけ時の誤差を吸収します)。

※今まで付いていたクロスプレートは、 エンジンブラケットの下側に重ねて必ず取り付けてください。


Copyrightc2008 DELTA ENTERPRISE. All rights reserved.