information

KTC PRESENTS 74GPイベントレポート

IMGP4773
IMGP4952
7月16日(日)大阪府・スポーツランド生駒で「2017 KTC PRESENTS 74GP」が開催された。10回目の開催となった本大会には、キッズライダー48名のエントリーがあり、最高峰となる74Daijiroクラスは19名がエントリーした。今回の74GPは、初めての関西地区での開催となり、全国から74ライダーが集合、併催された関西モトチャンプ杯を含むエントリー総数は156名と、賑やかなレースとなった。猛暑の中レースが行われたが、キッズライダーは最後まで元気いっぱいにレースを走りきった。

画像はこちらからどうぞ(Facebookページ)


 
74Daijiroクラス

予選ポールポジションのNo,43彌榮郡選手(鹿児島)とNo,47石川颯人選手(山口)の2名が集団を抜け出しマッチレースとなった。周回ごとに得意なコーナで順位を入れ替えるが、石川選手がトップでゴール、74GP初優勝となった。2位に彌榮選手、3位には関東勢トップのNo,53小田喜阿門選手(東京)、4位にはNo,9河合 凰雅選手(大阪)、5位にNo,江澤伸哉選手(埼玉)、6位にNo,3若松怜選手(東京)となった。
IMGP5131
IMGP4969
IMGP4988IMGP5052



74Daijiro フレッシュマンクラス

フレッシュマンクラスには16台がエントリー、女子ライダーのNo,74板持莉彩選手(大阪)好走ポートゥーフィニッシュで勝利、2位にはNo,3ターナー健人選手(大阪)、3位にNo,93竹本倫太郎選手(大阪)4位にNo,26濱屋敷世成選手(兵庫)、5位にNo,23小山 匠眞選手(千葉)、6位にはNo,62石川慶人選手(神奈川)が入賞した
IMGP5124
IMGP4894
IMGP4875IMGP4858




74Daijiro バンビーノクラス

バンビーノクラスには、7名がエントリー、決勝ではNo,7濵地柊音選手(大阪)が独走態勢を築くが、レース後半にコースアウト、変わってトップに立ったのがNo,8濵地瑛斗選手(大阪)、No,2ターナー怜

選手(大阪)も追い上げるが届かず、1位に瑛斗選手、2位にターナー選手、3位には柊音選手、4位にNo,1河合龍之介選手(大阪)、5位にNo,3河合美憂選手が入賞した。
IMGP5118
IMGP4816
IMGP4783IMGP4795



74Daijiro大人
クラス

エキシビションクラスの74Daijiro大人クラスには、卒業生のミニバイクライダーやお父さん達がエントリーした。熱くなりすぎて転倒してしまうライダーもいたが、皆楽しそうに走行していたのが印象的だった。
IMGP5108
IMGP4766
IMGP4768IMGP4729
Copyright©DELTA ENTERPRISE. All rights reserved.


前の記事:
2017.06.03 2017’ノリック・大治郎シートのチケット受け付け開始!
次の記事:
2017.08.13 ノリック・大治郎シートチケット発送開始
Copyright (C) DELTA ENTERPRISE All rights reserved  ▲ このページの先頭へ
Daijiro.net MotoGP Rider Daijiro Kato Official WebSite