information

12ノリック・大治郎シート」レポートPart2

DSC_1849
10月14日(日)「2012 MotoGP 世界選手権シリーズ第15戦日本グランプリ」 C席特設スタンドにおいて「12ノリック・ 大治郎シート」が開催された。年に1度の日本GPは気持ちの良い青空が広がりレース観戦には最高の1日となった。




Moto2決勝レース終了後すぐに、「バルーンパフォーマンス」の説明と準備が始まった。ナビゲーターの松下&多聞より「風船が飛ばないように、輪ゴムで両手に固定する」などの説明が終わると一斉に風船と輪ゴムが会場の皆様の協力により配られると、どんどん青い風船がふくらんで、会場が青く染まっていった。
IMG_8851
IMG_8792IMG_8741
IMG_8751IMG_8754




MotoGPセレモニーまでには準備が完了して、皆でセレモニーに参加、これから始まる世界最高峰のレースに期待が高まっていくと、今度はサーキット上空に航空自衛隊百里基地、第七航空団所属「T-4」による歓迎フライトが実施された。突然のサプライズ飛行にサーキット中の視線が注がれ、大歓声に包まれた。
IMG_8827
IMG_8830IMG_8829
DSC_1784




いよいよ「ビッグフラッグパフォーマンス」の開始だ、いつの間にか会場内に運び込まれていたビッグフラッグに向けて、MC松下の「ビッグフラッグ職人のみなさ~ん!準備はいいですか~!」の合図と同時に、フラッグが大きく広がり始めた。上から徐々に下へ向かって広がると、ビッグフラッグの中では、午後から曇ってしまった空に再び青空が広がり、子供たちの笑顔が会場中に広がっていった。

ビッグフラッグパフォーマンス映像(外部サイト・YouTube)

IMG_8919
IMG_8933IMG_8935
IMG_8936IMG_8942
IMG_8958IMG_8960




ビッグフラッグが最下段まで通り過ぎ、MotoGP唯一の日本人ライダー中須賀克行選手の名前が呼ばれると同時に、一斉に両手の風船を割った。 その音はまるで爆竹を鳴らしたようにサーキット中に響きわたり、グリッドのライダーたちにも届いたようだ。その後会場中のご協力により、風船を割った際に散らばった風船を拾い集めて、ビッグフラッグも最上段に運ばれてあっという間に片付けが終わり、レースの開始を見守った。
monita-
IMG_8961IMG_8964
IMG_8965
IMG_8980IMG_8983
IMG_8985IMG_8987



IMG_8763IMG_8768
IMG_8777IMG_8782
IMG_8784IMG_8796
IMG_8805IMG_8813
IMG_8818IMGP1451
Copyright(c)2012 DELTA ENTERPRISE. All rights reserved.

前の記事:
2012.11.02 大治郎グッズニューアイテムのお知らせ
次の記事:
2012.11.08 「12ノリック・大治郎シート」レポート Part3
Copyright (C) DELTA ENTERPRISE All rights reserved  ▲ このページの先頭へ
Daijiro.net MotoGP Rider Daijiro Kato Official WebSite