information

「10’ノリック・大治郎シート」レポート Part2


10月3日(日)「2010 MotoGP 世界選手権シリーズ第14戦日本グランプリ」 C席特設スタンドにおいて「10’ノリック・大治郎シート」が開催された。快晴の中イベントはスタート、「ノリック・大治郎シート」 に参加した多くの皆様とゲストを迎えた。



レースが始まると、サイティングラップを皆で注目、コースインする選手を拍手で迎えた。 125ccクラスでは大久保光選手が公約通りに手を振ってコースイン、続くMoto2クラスでは、 チームグレシーニのトニエリアス選手が大きく手を振ってコースイン、立ち上がって手を振ってくれたのは手島雄介選手、 高橋裕紀選手も前夜行われた「デリデリナイトガーデン」ステージ上の約束を実行してくれた。 その他にもワイルドカード参戦の渡辺一樹選手も手を振ってくれた。レースが始めると、トニエリアス選手の活躍に「ノリック・大治郎シート」 は大興奮!一緒に応援していた「MORIWAKI・社員応援団」とエールの交換をして楽しい時間を過ごした。 レース終了後には手島雄介選手が「ノリック・大治郎シート」に登場、初めての日本GPの感想を語ってくれた。


 




MotoGPクラスのレース前には、全日本ロードレースで活躍する「チーム桜井ホンダ・亀谷長純選手」「チームノリック・野佐根航太」 選手が登場10月17日に、同じくもてぎで開催される、全日本ロードレースのPRと自身の健闘を誓った。その後も手島選手を含む3人は、 バルーンパフォーマンスとビッグフラッグパフォーマンスにも参加、多くの参加者と共にバルーンを膨らまして子供たちに配ったり、 ビッグフラッグの片付けまで手伝ってくれた。





MotoGPクラスのスタート直後には、日本GPオフィシャルサポーターの水野裕子さんも到着「ノリック・大治郎シート」 の皆と一緒に観戦するのを楽しみにしていました」とメッセージを頂き、MotoGPクラスのレースを観戦、 最後のゴミひろいまで手伝ってくれた。特に今年は参加いただいた多くの皆様の注意とご協力により、ほとんどゴミもなく、 あっという間にスタンドがきれいになった。




レースのインターバルには、記念Tシャツを着た猫が現れた。これには会場の子供たちも大喜び、その後も子供たちに取り囲まれて、 一緒に多くの時間を過ごしていた。

 



 
 
 

 
 
 
Copyright (C) 2010 DELTA ENTERPRISE All rights reserved

 

前の記事:
2010.10.08 「10’ノリック・大治郎シート」レポート Part1
次の記事:
2010.10.21 MotoGP日本GP「清徳島」74Daijiro体験試乗会レポート
Copyright (C) DELTA ENTERPRISE All rights reserved  ▲ このページの先頭へ
Daijiro.net MotoGP Rider Daijiro Kato Official WebSite