information

「10’ノリック・大治郎シート」レポート Part1


10月3日(日)「2010 MotoGP 世界選手権シリーズ第14戦日本グランプリ」 C席特設スタンドにおいて「10’ノリック・大治郎シート」が開催された。雨天が予想された天候も、 早朝より快晴のベストコンディションでのレース開催となった。決勝日のスタンドは、特製記念Tシャツを着た、 1000人以上の参加者によりブルーに染まった。



今年もメインパーソナリティーには「マン島T.T.ライダーの松下佳成」、サブパーソナリティーとして初参加してくれたのは、 2輪メディアでお馴染みの「モデライダー多聞恵美」、この2人により、「ノリック・大治郎シート」開催宣言が行われ、 イベントの説明やゲストを迎える準備が行われた。




Moto GPクラスのフリー走行の終了を待って、メインゲストのチームグレシーニ監督・ファウストグレシーニさんを伴って、「ノリック・ 大治郎シート」主催者である、加藤隆氏と、阿部光雄氏の3人が登場した。加藤隆氏と阿部光雄氏より、「ノリック・大治郎シート」 に集まった多くの皆様に感謝の言葉と、「今日1日レースを楽しんでください」とメッセージが伝えられた。グレシーニ監督は「ノリック・ 大治郎シート」の参加者に、チームグレシーニのライダーがみんなの前で手を振る様に約束してくれた。


    



続いて125ccクラスにワイルドカード初参戦の、大久保光選手がレース前の忙しい時間を割いて来場してくれた。大久保選手は 「大治郎カップ」の初代年間チャンピオンで、今回初めての世界グランプリへの抱負と「ノリック・大治郎シート」 の前でのパフォーマンスを約束、「良いレースをするので応援お願いします」と、爽やかに挨拶してくれた。




毎年恒例のお楽しみ、コースインするMotoGPライダーを応援する、「バルーンパフォーマンス」と、「ビッグフラッグパフォーマンス」 が行われ、日本GPの象徴となっているブルーのビッグフラッグが水面の様に大きく広がり、世界中に「Norick」と「Daijiro」 のメッセージが届けられた。フラッグの下では、参加した子供たちと、大人たちの笑顔があふれていた。

 
 
 
 
 
Copyright (C) 2010 DELTA ENTERPRISE All rights reserved.

前の記事:
2010.08.23 「バイカーズ・菊陽店」大治郎ステッカー取り扱いを開始
次の記事:
2010.10.13 「10’ノリック・大治郎シート」レポート Part2
Copyright (C) DELTA ENTERPRISE All rights reserved  ▲ このページの先頭へ
Daijiro.net MotoGP Rider Daijiro Kato Official WebSite