information

2010-74GPレースレポートNo,2


8月1日(日)埼玉県県・サーキット秋ヶ瀬「2010-74GP」が開催された。74GPとは年に1度、 全国の74Daijiroライダーが一堂に会するお祭りだ。 全日本ロードレース選手会の 亀谷長純、手島雄介、徳留和樹、武田雄一、山口辰也、佐藤裕児、小林龍太、岩田悟、(順不同 敬称略) の豪華メンバーがエントリーした大人クラスも終わり、残すところタイム上位者によるビギナー、エキスパートクラスのレースなった。 コースサイドにはレースを終えたゲストライダーやキッズライダーたちも集まりだしてレースの行方を注目していた。


74Daijiro ビギナークラス
14台で行われたビギナークラスは、 No,14五十嵐翔希選手がスタートダッシュに成功、序盤よりリードを広げるとトップを譲ることなくゴール、1位のメダルをゲットした。 2位争いはNo,19大和颯選手とNo,24中村優美選手が高バトルを展開、中村選手は周回ごとに追い上げを見せてポジションアップ、 ついに大和選手をとらえるが、立ち上がりを活かした大和選手に抑えられて勝負あり、2位に大和選手、3位に中村選手となった。 4位にはNo,30中嶋雅文選手、5位にNo,31mart選手、6位にNo,11市川裕次郎選手となった。

 



74Daijiro エキスパートクラス
74GP最後のレースはエキスパートクラス、 予選を勝ち抜いた20台がエントリー、大治郎カップの約2倍の18周で行われた。 スーパーポールを制したNo,18中村大輝選手がポールポジションスタートとなった。 No,33錦織亮太選手とNo,4佐々木將旭選手が好スタート、リードを広げるが、 九州より遠征のNo,17真崎一輝選手が落ち着いて1つずつ順位を上げてトップグループに追いつくと、 3台で順位を入れ替えながらのトップ争いとなった。佐々木選手がトップに立つと、真崎選手、錦織選手の争いのすきをついてスパート、 わずかなリードを確保して見事トップでゴールした。2位に僅差で続いた、真崎選手、3位に錦織選手となった。 続くセカンドグループもよいバトルが見られ、中村選手、No,41VALE山中選手と4位争いを制したのはNo,15角田樹良選手、 5位に中村選手、6位にVALE山中選手となった。


 



 
 
 
 
 
Copyright (C) 2010 DELTA ENTERPRISE All rights reserved.

前の記事:
2010.08.13 2010-74GPレースレポートNo,1
次の記事:
2010.08.23 「バイカーズ・菊陽店」大治郎ステッカー取り扱いを開始
Copyright (C) DELTA ENTERPRISE All rights reserved  ▲ このページの先頭へ
Daijiro.net MotoGP Rider Daijiro Kato Official WebSite