information

「2010-74GP」イベントレポート


8月1日(日)埼玉県・サーキット秋ヶ瀬で第3回「2010-74GP」が開催された。 当日は天候に恵まれレース初体験のライダーから、エキスパートのライダーまで57家族がエントリー、 会場にはキッズライダー憧れのプロライダーたちも集合した。 そのころより忙しくレースの準備をする参加者のなか多くの観戦者も集まりはじめて、お昼が近付くころには多くのロードレースファンや、 家族連れで賑わった。今回、子供たちのためにと、エントリーいただいたのは、辻本聡、中須賀克行、亀谷長純、玉田誠、手島雄介、富沢祥也、 高橋巧、徳留和樹、武田雄一、山口辰也、佐藤裕児、小林龍太、岩田悟、(順不同 敬称略)の豪華メンバー、 1日を通して子供達と一緒に各競技に参加してくれた。



午前中には、タイムトライアル・予選レースが行われた、お昼休みには全日本ロードレース選手会主催による「ミニ運動会」が催されて、 キッズライダーだけでなく観戦に来場した子供達も参加、各チームに分かれての障害物リレー、綱引きが行われて、 子供たちは憧れのプロライダー達と共に競技に取り組み交流を深めた。子供たちと遊ぶのが趣旨となっていたが、さすがはプロライダー、 ここでも各ライダー負けず嫌いを発揮、子供達より真剣に勝負にこだわり最後まで全力疾走、会場の笑いを誘っていた。

 
 
 
 
 

 
 




タイラレーシングのブースには平忠彦監督が、中須賀、武田両選手のマシンを持って登場、大治郎の父親の加藤隆氏より「平監督のために」 と用意された「74Daijiro・17Norick」平レプリカモデルが贈られた。平監督が全日本GP500を3連覇した際のデザインに、 カラーリングした74Daijiroは、武田選手のマシンとともに展示され、その仕上がりに注目を集めていた。


 



今年も大人気だったのは「清徳島ポケバイレーシングスクール」主催の74Daijiro体験試乗会、全日本ライダー手島雄介・徳留和樹・ 岩田悟が講師を務め、通常は初心者からエキスパートライダーまで、幅広いライダーを対象にしたスクールだが、 この日は74Daijiro未経験者の子供たちを多く乗せる為に、ミニ運動会の時間以外は試乗会を続けていた。 参加した子供は講師の説明を聞いて、はじめての74Daijiroにまたがり楽しそうに走行していた。

 
 




 
 
 
 
 
 
Copyright(c)2010 DELTA ENTERPRISE. All rights reserved.

 

前の記事:
2010.08.01 74GPに参加いただいた皆様ありがとうございました。
次の記事:
2010.08.13 2010-74GPレースレポートNo,1
Copyright (C) DELTA ENTERPRISE All rights reserved  ▲ このページの先頭へ
Daijiro.net MotoGP Rider Daijiro Kato Official WebSite