information

オートレースTEAM HARC-PRO 8耐総合3位入賞、JSBクラス優勝に輝く!!

 


オートレース場を有する川口市のバックアップを受け鈴鹿8時間耐久レースに参戦した” オートレースTEAM HARC-PROが見事総合3位入賞、JSBクラス優勝を果たした。青木治親選手の後援会長をつとめる加藤隆さんはゴール直後にピットを訪れ安田毅史選手とともに8時間を全力で走りきった青木治親選手へ祝福の言葉をかけた。短い準備期間ながら予選、決勝とスケジュールが進むにつれまとめてくるところはさすがだ。
世界チャンピオンに輝いたテクニックにオートレースで学んだ真のプロ意識がプラスされ今なお成長する青木治親選手をこれからも応援していきたい。


 
フィニッシュ直後のCBR1000RRと74。初の現役オートレース選手参戦、川口市のバックアップとこのプロジェクトが残したものは好成績だけにとどまらない。
 
ゼッケン「74」で出場した”ホンダドリーム・チーム桜井ホンダ74”岡田忠之・亀谷長純組。突然降り出した雨の中、岡田選手の猛追により一時期は総合4位まで浮上、その後残念ながら転倒により順位を落としたが最後まであきらめることなく8時間を走り切った。


鈴鹿8時間耐久レース公式リザルトおよびレポートはこちら

前の記事:
2005.05.02 Hondaウエルカムプラザ青山「加藤大治郎展」レポート
次の記事:
2005.09.27 日本GP 大治郎シート2005 レポート
Copyright (C) DELTA ENTERPRISE All rights reserved  ▲ このページの先頭へ
Daijiro.net MotoGP Rider Daijiro Kato Official WebSite